スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
水虫にされたおすかさん
不正アクセス事件後、娘がこんなファイルを作ってくれました。
016_convert_20091009133356[1]

何日もかけて、パソコンでブログの記事を一つ一つ手繰り寄せ 
取り込んで、もう一度編集し直して・・・不格好ですが何とか形になりました。

いつかブログをアルバム製本にしたいと思っていたのですが
その夢も消えた今は、形にする事ができただけで嬉しいです。
024_convert_20091009133152[1]

パラパラと思い出を見返すと、やっぱり胸が苦しくて悔しい。
そして、一生懸命にファイルを作ってくれた娘たちも悔しかったに違いありません。

それにしても、使いました…インク!!



この不正アクセス事件のすぐ後、私の悲しみも犯人の事もすべて知りながら
犯人と里帰りの楽しげな記事をアップするってどういうことだろう。


もしあなた達の犬が、皮膚が弱かったり、欠歯だったり、股関節が悪くても
何も悩まず、調べず、まだ彼のお粗末な犬作りと安易な販売に協力できるのですか?


世の中いろんな考え方があると思いますが、被害者の立場としては
未だに怒りが込み上げて来ることがあります。

どうしていいかわからなくなり、こんな事には一切触れずに
前だけを見ようと思ったことも何度もありました。


でもやっぱりそんな時も、里親会のレスキューの様子を見ると
やっぱり「ペット後進国をなんとかしたい」という気持ちに戻ります。




そうそう、オスカーの足はお医者さんで調べましたが 水虫菌なんていませんでしたよ。

「遺伝性のアレルギーでした」と書いたら、説明できなくてまた慌てるかしら。



さて、応援していただいているラブラドゥードルの飼い主さんからこんなメールが届きました。
その内容からの抜粋です。

「ドゥードルの関節のことは私もお伝えしたかったことです。
本家ラブラドゥードルのオーストラリアラブラドゥードルは交配に際し
いろいろな遺伝疾患検査をしているそうです。

そして日本に来る仔犬は安易な交配をさせないためにみな避妊、去勢を終えてから来ます。
そういうきちんとした交配プログラムで管理されてこそのオーストラリアラブラドゥードルなので
日本で繁殖されたF1のMIXはラブラドゥードルではないと本家からは言われています。」


それなら、日本のゴールデンドゥードルもゴールデンドゥードルじゃないですね、しかたありません。

オーストラリアラブラドゥードル関連のHPも添付してくださいました。
遺伝疾患検査の種類について大変分かりやすく整理されています。

オーストラリアン・ラブラドゥードルのいる生活!
オーストラリアン・ラブラドゥードルのいる生活! ブログ 遺伝疾患検査の種類

レトリーバー系と、プードルのミックスでしかも大型犬種。

シリアスブリーダーさんのブリーディングはこれくらい慎重にするのですね。
ブリーダーさんにどんな検査方法をとっているのか 尋ねてみるといいと思います。


ブログランキング参加中
ポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ
にほんブログ村
いつもありがとう。

スポンサーサイト
【2009/10/10 12:04】 | ペット後進国を何とかしたい | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。