スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「蛇口」はどこだ?!
え~っと ちょっと真面目な話。

犬の殺処分を減らしたいと考える人はたくさんいると思いますが

情報開示されない犬の流通の事や、

2ヵ月以前の仔犬を売るペットショップのあり方、

利益重視で無節操に繁殖を繰り返し多くの仔犬を市場に流すブリーダー・・・

具体的にどうしたら少しでも減らせるのか・・・

以前、ブログでも紹介した「犬を殺すのは誰か」の著者のインタビュー記事を見つけたので
気になる方は読んでみてくださいね。



もしも、今あなたの隣にいるかわいい犬がふと明日の殺処分が決まった犬と入れ替わったら・・・

同じ犬ですからありえない事ではないですよね。


それくらいの気持ちで、犬の今ある厳しい現実を考えるならば

流通業界全てに対して、人間側の立場から見るのではなくて

本当にこの国で犬が安全に幸せに生きられる事を考えた細かい規制を早く作って欲しい。


買う側の意識の低さも問題で、知らないうちにこの厳しい現実を後押しして

いないか、考えてみる事も必要なんだと思う。

例えば、2ヵ月以前の仔犬を陳列しているペットショップや

いつでも仔犬が生まれているようなブリーダーの所からは買わないとか

厳しい規制が整わないなら、それくらいの自主的な判断をしましょう!



たまにはこんな現実について、ちょこっと…できれば真剣に、噛み砕いて考えてみる方が

増えたらなぁ・・・と願うこの頃です。

抱かせたら勝ちみたいな、仔犬の移動販売なんてあり得ない!ってくらいな

世の中になってもらいたい。



以前は私だって、深く考えずにうちの子たちを迎えました。

その反省の意味も込めて、たまにはこんな事を書いています。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ
にほんブログ村

いつもぽちぽちありがとう!


こんな事を書いていたら、今朝このニュースを見つけました。
だんだんいい方向に向かっていると期待します。
<ペット>ネット取引は対面説明義務化 夜間の店頭展示禁止 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース


スポンサーサイト
【2011/07/21 09:52】 | ペット後進国を何とかしたい | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。